Amazon 楽天市場 開業/運営体験談

Vol.10「複数モールに出店!文具・日用品のネットショップ運営談」

Vol.10「複数モールに出店!文具・日用品のネットショップ運営談」

こんにちは、ナガイタツヤです。

今回は楽天・Amazon・ヤフーと複数のモールで日用品を販売されているECサイトの担当者さんに運営談を語って頂きました!

  • 各モールの良い点
  • 各モールの不満点
  • ネットショップでの販促方法

など貴重な情報を惜しみなく語って頂きましたので、ネットショップを出店される際の参考として役立てて下さい!

 

各モールに出店されて良かった事は何ですか?

楽天市場に出店されて良かった事は何ですか?

プロフィール

事業形態:法人企業
販売商材:文具・日用品(自社商品)
配送業者:クロネコヤマト
利用サービス:Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング
在庫連動:使用していない

楽天市場は、楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソン、楽天カードを使って注文するとポイントの還元率が上がるイベントなどが月2回ほどあります。

お客様もその際のポイント還元率を狙って注文されるので、自社で企画しなくても季節イベントなどでに参加する事で購入率が上がり売上もUPします。

また、あす楽でのサービスを導入した後は、すぐに商品が届くメリットがあるため、直前での購入をする人が増えた印象があります。

Yahoo!ショッピングも楽天市場と同様、PayPay祭りなどを定期的に開催し、お客様もそこに合わせて購入されるので季節イベントにより売上がUPする傾向があります。

ただYahoo!ショッピングでは楽天市場の「あす楽」の様なサービスは取り入れてないが、クーポンの利用方法や購入までの流れが楽天市場のUIよりわかりやすいと思います。

そのためネット初心者の方でECで初めて購入される方はYahoo!ショッピングを利用されることが多い様に思います。

Amazonは市場規模が大きい為、出店前から弊社商品を検索しているパターンが多く、出店してすぐの段階でも一定の注文が入りました。

ナガイ
「あす楽」とは楽天市場内で対象商品(翌日配達というアイコンが付いてるもの)を締切時間までに注文すると、翌日中に届けてくれるサービスです。

 

各モールに出店されて不満はありますか?

楽天市場に出店されて不満はありますか?

楽天市場では決済処理が楽天側で行われるため、例えばクレジットカード決済エラーや前払未完了時などは、楽天市場経由でお客様に通知がいく事になります。

その際、お客様がエラー通知を見逃し注文が完了していなくても、お店側だけで対応が出来ないため二次クレームに繋がる事が多々あります。

またお客様が注文されてから反映されるまで1時間ほどのタイムラグがあるため、その点についてご指摘されることも多々あります。

また、楽天市場では数年前から送料が無料(弊社は商品代に予め送料を加える形)となったため、商品を単品のみで登録しづらくなりました。

また沖縄や北海道など送り先によっては送料が高額となるため、一律送料無料と言う点に関しては店舗側としては不満があります。

ナガイ
楽天市場では2019年8月に、同一のお店で3,980円(税込)以上購入(沖縄・離島・一部地域への配送は、9,800円以上)すると送料無料になると打ち出しました。
しかし送料負担は楽天市場に出店する店舗運営者であったため、公正取引委員会より楽天市場は是正指導を受けました。

その結果、2020年3月には出店者側で「送料無料」制を導入するか選択制になり、賛同している出店者は39(サンキュー)ショップと呼称されています。

 

どのように販促されたか教えて下さい。

 楽天市場でどのように販促されたか教えて下さい。

ネットショッピングに強いスタッフがいなかったため、SEO対策を1から行うのが大変でした。

またお客様が商品をカートに入れるまで進んだものの、そこから支払い方法や入力が難しいため離脱してしまう層が一定数いました。

ECサイトの構造上、弊社だけでは対応が出来ないのでカートからの離脱率を減らす施策が大変です。

ナガイ
ネットショップのショッピングカートに商品を入れたのに、購入に至らずECサイトを離脱される事を「カゴ落ち」と言います。
例えば10人がショッピングカートに商品を入れ、1人しか購入に至らなかった場合は、カゴ落ち率は90%となります。
なおカゴ落ちの理由は様々なため、対策が難しいのが現状です。


その他ネットショッピングという性質上、手に取って商品を選べないため、画像や説明文でわかりやすく説明をしています。

ただし画像が多いとそれだけで購入意欲が下がる方もいるので、そこのバランスも難しいです。

 

まとめ

以上、”Vol.10「複数モールに出店!文具・日用品のネットショップ運営談」”はいかがでしたか?

自社商品を販売する上で、販売チャネルを増やすというのは売上高UPに直結します。そのため複数のモールに出店するというのは有効な戦略になりますね。

また楽天市場における「あす楽」や「送料無料」などは商品を仕入れて販売しているショップにとっては必須とも言える販促になっています。

特に北海道や沖縄などに所在するネットショップさんは発送時の送料負担が大きいため、楽天スーパーロジスティクスというサービスの検討も重要です。

こちらのサービスはAmazonのFBAと呼ばれるサービスと同様、商品の入荷作業、保管、お客様へのお届けまで、物流業務を一括して代行してくれます。

 

Amazon楽天市場ヤフーショップ
初期費用無料無料無料
月額費用4,900円19,500円0円
販売手数料8%~15%10%以上6.5%以上
商品点数無制限5000点20万点
出店条件個人・法人個人・法人個人・法人
備考

販売手数料はカテゴリにより異なる

販売手数料は利用料+決済手数料+ポイント原資他を含む。

販売手数料は利用料+決済手数料+ポイント原資他を含む。

2022年4月11日現在

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

運営者 ナガイ タツヤ

30歳からはじめるネットショップの開業術は、個人事業主の方や副業で手軽にネットショップ(通販)を開設されたい方に販売/開設/手続きに関する役立つ情報を発信しています。
【経歴】20代で美容室、ネイルサロンのマネジメント、赤字居酒屋の立て直しを経験。その後ネットショップ構築のASP事業立上げに参画。現在は商業不動産のコンサルティング仲介やレンタルサロンを経営しています。

-Amazon, 楽天市場, 開業/運営体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© 30歳から始めるネットショップの開業術 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.